鳥井信治郎

鳥井信治郎

とりいしんじろう

サントリー創業者。1879年大阪生まれ。

大阪両替商の二男に生まれた鳥井氏は13歳で大阪・道修町の薬種問屋に丁稚(でっち)奉公に出た。明治時代の薬種問屋は、薬だけでなく、ブドウ酒やウイスキーも扱う“ハイカラ”な空間だったという。

20歳で独立し、鳥井商店(後の寿屋)を起こし、ブドウ酒を売り出した。だが、本場スペイン産のブドウ酒は「酸っぱい」と敬遠され、さっぱり売れない。「日本人の口に合うブドウ酒を作ったる」と燃えた。

サントリーの前身・寿屋を「赤玉ポートワイン」で一躍有名にした。日本初のヌードポスターを作るなど、問屋を喜ばせる営業の工夫も怠らず人気商品に押し上げた。

「美酒一代」「広告の天才」と呼ばれた鳥井氏は積極的に宣伝活動を行い、周囲の意表をついた広告を次々と採用。

昭和2年国内最初のウイスキーサントリーウイスキー白札」を発売、同時に赤玉が太陽(サン)を象徴していたことから「サン」をとり、鳥井「トリイ」と合わせサントリーとしたという。

今ではご存知のとおり、日本を代表する会社となった。

鳥井氏はこう語っている。

「なんでもやってみなはれ、やらなわからしまへんで」