鳥羽・伏見の戦い

社会

鳥羽・伏見の戦い

とばふしみのたたかい

1868年慶応4年)、戊辰戦争の発端となった内乱

王政復古の大号令が出た後、討幕派による徳川慶喜への納地・辞官の処置に激怒した大坂城にいた旧幕兵及び会津藩桑名藩藩兵が大挙入京、慶喜を擁して京都南郊の鳥羽伏見薩摩藩長州藩などの藩兵からなる新政府軍と衝突。旧幕府軍が敗退、慶喜は江戸に帰った。