スマートフォン用の表示で見る

鳥越裕介

スポーツ

鳥越裕介

とりごえゆうすけ

プロ野球選手。

通称「ゴエ」「ポストシーズン男」。

右投右打、ポジションは遊撃手背番号は41→35→6番。

1971年7月1日生まれ。大分県臼杵市出身。身長189cm、体重86kg。

臼杵高校から明治大学に進学し、活躍。

1994年、ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。

1年目より控えの野手として一軍に定着。

1997年遊撃手の守備率.997のプロ野球記録を樹立、守備はMLBでも通用すると言われた。

1998年、脱税事件に関与し処分。

1999年6月、シーズン途中に河野亮との交換トレードで福岡ダイエーホークスに移籍。

2000年、井口資仁の怪我により遊撃手の定位置を獲得。

同年、リーグ優勝を決める遊ゴロを捌いた事で有名。*1

2003年、小久保裕紀の怪我により三塁手遊撃手の定位置を獲得し活躍。主に9番打者として定着。

普段は打撃力は弱いが、発揮したときは無類の強さを誇る。

プレーオフ日本シリーズなどのポストシーズンに強いことで印象に残る。

2004年、2005年とプレーオフで活躍を見せた。

2006年、現役引退。


2007年、福岡ソフトバンクホークスの二軍内野守備・走塁コーチに就任。


2005年鳥越最強伝説

  • 鳥越が安打を打った試合  19勝4敗1分 勝率.792
  • 鳥越が2安打以上の試合   4勝0敗 勝率1.000
  • 鳥越が長打を打った試合   5勝0敗 勝率1.000
  • 鳥越が打点を挙げた試合   10勝2敗 勝率.833
  • 鳥越が四球を選んだ試合   4勝3敗1分 勝率.500
  • 鳥越が犠打を決めた試合  5勝2敗 勝率.714
  • 鳥越が打席で活躍しない試合 13勝10敗 勝率.565

*1:偶然にも、打者は河野亮である。