スマートフォン用の表示で見る

鳥居龍蔵

読書

鳥居龍蔵

とりいりゅうぞう

考古学人類学者。1870年〜1954年(明治3〜昭和29)。徳島生まれ。

司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズの38巻目『オホーツク街道』に簡単な紹介がある。

鳥居龍蔵白鳥庫吉とともに日本における人類学考古学黎明期を背負った巨人である。

 無学歴であった。徳島市船場町うまれで、明治九年(一八七六)、六歳で小学校に入り、七歳で中退した。以後、中学までの課程を独学し、のちに英語、フランス語を自力で獲得した。

 当時、東大人類学の教授は坪井正五郎(一八六三〜一九一三)であった。

 坪井は明治一七年(一八八四)、まだ学生のときに有志とともに人類学会を設立し、人類学の雑誌を発行した。明治二十二年(一八八九)英国留学をし、帰国後、教授として人類学教室を主宰した。

 それより前、坪井は徳島市にきたとき、十六歳の鳥居少年と出会い、この少年の学問的情熱に感動して、ジョリーの『金属器以前の人々』(Man before Metals)を貸しあたえた。

 さらにこの少年を人類学会に入れたのである。

 その後、坪井正五郎は留学から帰ってきて教授になると、鳥居龍蔵を雇(やとい)として採用し、標本整理係にした。

中薗英助鳥居龍蔵伝―アジアを走破した人類学者』(岩波書店)は第22回(1995年)大佛次郎賞を受賞した。(2005年9月に岩波現代文庫に入る。)

関連
徳島県立鳥居龍蔵記念博物館