スマートフォン用の表示で見る

鳥山石燕

アート

鳥山石燕

とりやませきえん

妖怪変化に姿を与えることに一生を賭した江戸中期の絵師。(正徳2年〜天明8年(1712〜1788年9月22日))

狩野派の門人として絵を学び、喜多川歌麿師匠でもある。