スマートフォン用の表示で見る

鳥島

地理

鳥島

とりしま

鳥島は、東京都八丈支庁に属する無人島の一つであり、火山島。

市町村への所属は未定で、面積は4.79km²。

東京都小笠原村佐賀県唐津市長崎県五島市沖縄県島尻郡久米島町など、全国に「鳥島」は複数あるため、それらと区別するために「伊豆鳥島」とも呼ばれる。

概要

直径2.7kmのほぼ円形の二重式火山島。島の北方の海底には鳥島カルデラと呼ばれる海底火山が存在し、その海底カルデラの南縁部に位置している。

第四紀に活発に活動しており、玄武岩質の溶岩流と火砕物が幾重にも成層して島の主要部を形成したあと、デイサイト質のマグマによる爆発的な噴火が生じて山頂部に直径1.5kmのカルデラ火口が生じた。その後のマグマ活動により2つの中央火口丘が生じている。構成岩石のSiO₂量は46.8〜74.8wt.%である。

1902年には、島の南方海中、頂上部、北海岸で強い爆発的噴火を起こした。カルデラ中央にあった円錐状火口丘の子持山の西側に大きな爆裂火口が生じ、その北北東側の千歳浦沿いに住んでいた125名の島民が全員犠牲となった。

1939年には子持山北側に中央火口丘の硫黄山が形成され、北方の千歳浦・兵庫浦へ溶岩が流下した。このときは爆発的な噴火がなく、犠牲者はでなかった。その後は、噴火に至らぬまでも活発な地震活動や海岸での変色域が記録されている。

1965年11月の群発地震で気象観測所が閉鎖されてからは無人島になっている。

1998年および2002年に硫黄山で噴火活動があった。

また、現在の鳥島は、アホウドリ繁殖地となっており、全域が天然記念物に指定されているため、許可を得ないと上陸することができない。

なお、ジョン万次郎(中浜万次郎)が流れ着いた島として有名であり、新田次郎短編小説「孤島」はこの島を舞台にしている。

ひょっとして

肥前鳥島