スマートフォン用の表示で見る

直接侵害

一般

直接侵害

ちょくせつしんがい

特許権侵害を始めとする、産業財産権の侵害の原則。

侵害とは、

・権原又は正当理由なき第三者が、

・業として、

・他人の特許発明を実施(特許法2条3項各号)すること(68条)又は

・一定の予備的行為(101条)

をいう。

このうち、直接侵害とは、特許請求の範囲に記載されている特許発明(70条1項)の構成要件を全部実施することにより、文言上侵害が成立することを指す(権利一体の原則)。

これと対比される概念に、間接侵害(101条)がある。

また、直接侵害の範囲を広げる概念として、均等論がある。

特許が保護する対象は、建築物不動産などのような有体物でない、無体物である発明である。故に、このような概念が生まれている。