スマートフォン用の表示で見る

直通特急

地理

直通特急

ちょくつうとっきゅう

列車種別のひとつで、特急の一種。異なる会社の路線や、同一会社内でも別々の運転系統が組まれている路線を直通して運行される。

阪神電鉄・山陽電鉄

山陽電気鉄道本線阪神本線内で運転される種別で、ほとんどの列車が山陽姫路阪神梅田間を走る。側面行先表示機などでは単に「直特」と表記される場合もある。

停車駅

梅田尼崎、(甲子園)、西宮芦屋、魚崎、御影神戸三宮、元町、(西元町)、高速神戸新開地、(大開)、高速長田、(西代)、板宿、(東須磨)、月見山、(須磨寺)、山陽須磨、(滝の茶屋)、山陽垂水、舞子公園、山陽明石、東二見高砂、(荒井)、大塩、(白浜の宮)、飾磨、山陽姫路

甲子園は平日朝の梅田行きのみ通過。平日のそのほかの時間帯や梅田発、および土休日は停車。

西元町、大開、西代、東須磨須磨寺は一部のみ停車(該当列車は神戸三宮須磨各駅停車として表示される)。

滝の茶屋、荒井、白浜の宮は平日朝の梅田行きと夕方の梅田発のみ停車。

車両

阪急電鉄・大阪市交通局

春と秋の観光シーズンに嵐山方面への臨時列車として運行される。直通特急となるのは宝塚発着の「とげつ」、高速神戸発着の「あたご」、天下茶屋発着の「ほづ」である。他線区からの直通であるため「直通特急」という種別名になっていると思われる。

停車駅

高速神戸、花隈、神戸三宮六甲、岡本、夙川西宮北口塚口、十三、淡路、桂、上桂、松尾、嵐山

宝塚門戸厄神間各駅、塚口、十三、淡路、桂、上桂、松尾、嵐山

天下茶屋日本橋天神橋筋六丁目淡路、桂、上桂、松尾、嵐山

車両

基本的に京都線神戸線所属車両が6両編成で使用される。天下茶屋発着は過去に大阪市交通局66系が使用されたことがあった。