直列5気筒

サイエンス

直列5気筒

ちょくれつごきとう

直列エンジンのバリエーションの1つで、5つのシリンダーが一列に配列されたエンジンを指す。

通称「直5エンジン」または単に「直5」


直列4気筒でのコンパクトさと横置き可能な点と、直列6気筒の排気量及び出力の両立を得るために開発されたエンジンである。

かつてはボルボを始めとして各種メーカーが挙って採用してきたが、後に更にコンパクトでより大きな出力を得られるV型6気筒エンジンの登場により徐々に姿を消し、現在ではごく一部のメーカーのみで採用されているに留まる。


主な採用車種


関連キーワード直列エンジン、直列3気筒、直列4気筒、直列6気筒