スマートフォン用の表示で見る

沈黙

キーワードの候補

3件

読書

沈黙

ちんもく

概要

古川日出男の幻想的小説。

rookowと呼ばれる音楽がある。南米ギアナに伝わる謎の音楽。それを採譜した音楽家コーニリアスは、記録に残されることを嫌ったrookowの表現者「目」により葬られるが、その記録は密かに流出し、今も生き続けている。

あらゆる声と言語を操る諜報員が収集した、レーベルのない数千枚のレコード、そして「音楽の死」と名づけられた12冊のノート。それは紛れもなくrookowの記録だった。

rookowは音楽というより、ある種魔術のようなものだ。人心を惑わす魔の音楽。

読書

沈黙

ちんもく

村上春樹の短篇小説

初出は「全作品1979〜1989(5)」(ISBN:4061879359)への書き下ろしで、

その後に短編集「レキシントンの幽霊」(ISBN:4163166300/ISBN:4167502038)にも収録された。

全国学校図書館協議会による「集団読書テキスト」シリーズの一冊として

単独でも本になっている¥184(ISBN:479338112X

読書

沈黙

ちんもく

遠藤周作の小説。

キリスト教の布教のために日本へ来た宣教師の姿を描く。

沈黙 (新潮文庫)

もしくは、音楽家ジョン・ケージの主著。

1960年くらいまでのケージの様々な論文、講演等を収録。

サイレンス