沈黙の螺旋

サイエンス

沈黙の螺旋

ちんもくのらせん

ノエル=ノイマン ( Elisabeth Noelle-Neumann ) の著書「沈黙の螺旋理論---世論形成過程の社会心理学」において紹介された仮説。マイノリティマジョリティの数に押されて意見を言いにくくなり、そのためにますますマイノリティの存在が軽視されてしまう現象。

 

沈黙の螺旋は4つの段階として説明されている。

 

第一段階 権力者は注目されていなかった話題をアピールする。

第二段階 注目がされていなかった話題に反対は出ないため、これは正しいとされる

第三段階 遅れてきた批判に対して、レッテル張りによる排除を行う

第四段階 少数派となった批判勢力は、多数による圧力をうけ批判を行うことを放棄する

 

邦訳について

著書の邦訳は、1988年に初出、1997年に改訂版が発行されているが現在主要書店では在庫切れ。