スマートフォン用の表示で見る

珍プレー好プレー

テレビ

珍プレー好プレー

ちんぷれーこうぷれー

主にプロ野球の試合における、笑えるプレー(珍プレー?)やスーパープレー(好プレー?)を取り上げる番組。基本的には珍プレーがほとんど。

シーズンオフに入ると各局で特番として放送されるが、最近ではメジャーリーグ人気に便乗してMLBのも取り上げられたり、サッカーなど他のスポーツを取り上げたりもする。

1981年、読売ジャイアンツ中日ドラゴンズ戦(後楽園球場)での中日宇野勝内野手の「ヘディング事件」をきっかけに、フジテレビにより「プロ野球ニュース」の1コーナーとして放送開始。当時「プロ野球ニュース」のキャスターだった、みのもんたの全編アドリブによるナレーションが好評を博した。

1983年に特番「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」として独立し、定着。

1990年代以降、同様の番組が日本テレビTBSでも放送されるようになった。

近年ではオールスターゲーム後とシーズン終了後の年2回放送されている。