スマートフォン用の表示で見る

鎮守府将軍

社会

鎮守府将軍

ちんじゅふしょうぐん

主に日本の奈良時代から平安時代にかけてあった令外官官職の将軍。北辺の防衛のために置かれた鎮守府の長である。源頼朝征夷大将軍となって以降、事実上無名化したが、建武の新政下において鎮守府将軍の職が再び置かれることとなり、北畠顕家などが叙任された。