スマートフォン用の表示で見る

陳勝呉広の乱

一般

陳勝呉広の乱

ちんしょうごこうのらん

紀元前210年7月〜同年12月

中国の秦の時代に起こった反乱のこと。

900名の農民が大沢郷という地で反旗を翻し、それは半年間で鎮圧されたものの、これに触発されて各地で反乱が起き、それが秦の滅亡につながった。

陳勝はこの反乱の主導者、呉広はその助力者のことである。またこの乱が世界初の農民戦争である。