津山三十人殺し

一般

津山三十人殺し

つやまさんじゅうにんごろし

昭和十三年岡山県内の農村で起こった、青年・都井睦雄が、一夜のうちに村人三十人を殺害した、大量殺人事件。「津山事件」とも呼ばれ、小説「八つ墓村」のモデルにもなった。

なお、「津山・・」と呼ばれるが、当時の行政区分としては津山市ではなく、西加茂村(現在は津山市の一部)で起きた事件。


津山事件関連資料

津山30人殺し 【衝撃の木曜日午後の体操】

D