津田真道

一般

津田真道

つだまみち

津田真道(1829-1903)

明治時代啓蒙思想家。

美作津山藩出身。江戸で学び、幕府の蕃書調所に入所後、西周と共にオランダに留学、ライデン大学で学ぶ(1862-6)。

師事したシモン・フィセリングの講義録を邦訳し、『泰西国法論』として出版(1868)。

福沢諭吉西周らと、明六社の結成に参加した。

amazon:津田真道