津島佑子

読書

津島佑子

つしまゆうこ

小説家

1947年3月30日、東京都生まれる。本名、里子。小説家太宰治(本名・津島修治)の次女。白百合女子大学文学部英文学科卒業。在学中より「文芸首都」に加わり創作を始める。1991年から92年にかけてパリ大学国立東洋言語文化研究所にて日本近代文学を講義。また学生とともにアイヌ叙事詩の仏語訳に取り組む。いくつかの作品は英語・フランス語中国語などに翻訳されてもいる。受賞多数。読売文学賞、野間文芸賞、伊藤整文学賞、川端康成文学賞、朝日賞選考委員。元衆議院議員津島雄二は義兄、小説家太田治子は異母妹にあたる。

2016年2月18日、肺がんのため死去。享年68歳。報道によると、「闘病しつつ『父をテーマに書く』と準備を進めていた」という。*1

主な著作

長編

作品集

エッセイ集、対談、翻訳など

目次