スマートフォン用の表示で見る

津野海太郎

読書

津野海太郎

つのかいたろう

演出家、編集者、評論家。1938年東京都生まれ。

早稲田大学文学部国文科卒。雑誌・書籍編集や演劇演出、演劇評論活動などに携わる。

編集者としては、晶文社で数々の名著を編集。80年より晶文社取締役ミニコミ水牛通信」の編集も担当。のち、「季刊・本とコンピュータ」総合編集長もつとめた。

演劇活動では、1967年に結成した「六月劇場」(岸田森草野大悟樹木希林など)を皮切りに、1980年代なかばまで、「黒テント」でプロデューサー、演出家として活動する。

著書に『ペストと劇場』、『本はどのように消えてゆくのか』(晶文社刊)など。