スマートフォン用の表示で見る

追証

一般

追証

おいしょう

信用取引において、委託保証金の金額が買建てて得た株式等および売建てたポジションの評価損を下回った場合に、追加して求められる証拠金。通常、追証が生じてから証拠金差入までの期限は短く、他の株式の売却などでは間に合わないことが多い。予め委託保証金を多めに積んでおく、または現金を多く用いることにより防ぐことができる。

追証が生じる場合は買建てた株や委託保証金の代用株などに評価損が出ていることが多く、あわてて相場の先行きを読み間違える恐れがある。これを戒めるのが「最初の追証のときに売れ」という格言で、何も考えずに投げた方が損失を大きくしなくて済むという意味である。