通信と放送の融合

一般

通信と放送の融合

つうしんとほうそうのゆうごう

インターネット網のブロードバンド化や放送インフラのデジタル化に伴い、主に通信と放送を連携させたサービスが進展したり、通信業界と放送業界の相互参入が進展したりする現象。

一般的に、通信は放送よりも広義の概念とされ、通信の中の特殊類型が放送であるとされる。総務省ガイドライン通信衛星を利用した映像配信サービスが普及してきたことに伴い、郵政省(現:総務省)では1997年12月に「通信衛星を利用した通信・放送の中間領域的な新たなサービスに係る通信と放送の区分に関するガイドライン」を策定した。