スマートフォン用の表示で見る

通信衛星

サイエンス

通信衛星

つうしんえいせい

[英] Communication Satellite (略称CS

通信衛星は、遠隔地相互のデータ通信を可能にするために開発された人工衛星

地上から発信された電波を受信したら、その電波を増幅して地上へと送り返す「通信の中継基地」として活用されている。

日本では、1977年に、アメリカケネディー宇宙センターから、アメリカ製のデルタ2914型ロケットによって打ち上げられ、静止軌道に乗った「さくらCS)」が第1号である。

通信衛星は当初、大陸間や離島および船舶との通信などに利用されていたが、最近では高画質なテレビの放送サービスにも利用されている。