鶴の一声

一般

鶴の一声

つるのひとこえ

多くの人々がああでもない、こうでもないと議論している際、その集まりの重鎮・有力者・権威者がひとことを言って方向性がきまるありさま。多くの議論や意見をおさえつける力がある。

用例

  • 「社長の“鶴の一声”で決まる」