スマートフォン用の表示で見る

鶴屋南北

読書

鶴屋南北

つるやなんぼく

五世までを数えるそうだが、有名なのは「東海道四谷怪談」の作者として知られる四世で特に「大南北」と呼ばれることもある。初世から三世までは歌舞伎役者で四世と五世は歌舞伎作者

四代目

歌舞伎狂言作者、(1755-1829)

東海道四谷怪談」の作者

他に「天竺徳兵衛韓噺」「時今也桔梗旗揚」「桜姫東文章」「隅田川御所染」「杜若艶色紫」「累」などの作品がある。