鶴屋八幡

鶴屋八幡

つるやはちまん

 大阪和菓子屋さん

 約三百年前に大阪高麗橋に店を構え、『摂津名所図会』や『東海道中膝栗毛』など、数々の文献に残るほど隆盛を極めた今はなき有名老舗菓子店「虎屋大和大掾藤原伊織」に由来。この虎屋伊織に永年奉公をしてきた今中伊八(鶴屋八幡初代)が主家と贔屓筋から開業をすすめられ、虎屋伊織の伝統の灯を消すまいと、文久三年、職人たちと共に同じく高麗橋に暖簾を掲げた和菓子店。

 昔は、雑誌「あまカラ」を発行する甘辛社のスポンサーでもあり、ハイカラな表紙で大阪の食の文化を発信していた。 

 漫画おぼっちゃまくんの大好物、鶴岡八幡の「いたらき」は、鶴屋八幡和菓子「いただき」がモデルであると思われる。