鶴見騒擾事件

読書

鶴見騒擾事件

つるみそうじょうじけん

1925年(大正14年)の暮れに現在の横浜市鶴見区で起きた乱闘事件。日本最大の喧嘩と呼ばれるこの事件は一度に500人以上の検挙者を出し、騒擾罪(法改正により騒乱罪)で起訴されているため鶴見騒擾事件とも呼ばれる。