鶴田法男

映画

鶴田法男

つるたのりお

映画監督1960年東京生。

高校、大学を通じて自主映画を製作。和光大学卒業後はCM制作会社、ビデオメーカーに勤務。91年発売の「ほんとにあった怖い話」(小中千昭と共同脚本)で商業監督デビュー。これは後の「リング」呪怨」へと連なるジャパニーズホラーの先駆的作品であり、黒沢清高橋洋清水崇三宅隆太ら、後進に与えた影響ははかりしれない。