低気圧頭痛

サイエンス

低気圧頭痛

ていきあつずつう

低気圧の日に、「頭蓋骨内の圧力や血圧に変化が起きる」ことで誘発される頭痛

仕組み

頭蓋骨内の圧力を変化により、脳内の血管が収縮され、収縮された血管に血液を流そうとすることで周囲にある三叉神経を刺激し、頭痛が生じてしまうと考えられている。

また、低気圧の日には血圧が下がる→体に流れる血液の循環量が低下する→脳内へ循環する血液が不足し、血管がストレスを受けることで拡張→周囲にある神経を刺激してしまうため、頭痛が引き起こされるとされている。

対処方法

患部を冷やす
低気圧頭痛が生じている部分は、血管が拡張して周囲にある神経を刺激している。そのため、患部やその周囲を冷やすことで、血管の拡張を抑え、痛みを和らげる事が出来る
静かで暗い部屋でじっとする
光や音などの刺激は脳の活動に影響を与え、血管の拡張に繋がる。そのため、光と音の刺激を遮断した方が良いとされる
コーヒーを飲む
コーヒーには「血管収縮作用」があり、低気圧の影響によって拡張した血管を抑える効果を期待できる
生活習慣を整える
ストレスは血管の拡張に繋がるため、睡眠を十分にとりストレスを溜め込まないようにすることが大切