貞永方久

映画

貞永方久

さだながまさひさ

映画監督脚本家

1931年(昭和6年)9月22日、生まれ。2011年平成23年)7月14日、死去。79歳だった。

満州金州に生まれ大連、新京にて育つ。

九州大学法学部卒業後、松竹入社京都撮影所に配属の後、松竹大船へ移る。同期に森崎東時代考証を担当し、野村芳太郎篠田正浩らに師事。

1960年からテレビ映画の構成・脚本・演出を手がけ、1964年『負けるが勝ち』で初メガホン。

1971年『黒の斜面』の脚本と監督を担当し、映画監督に昇進した。

その後は主に時代劇作品を中心に活躍。

人気時代劇、必殺シリーズ第2弾『必殺仕置人』ではチーフ監督として登板。中村主水が初登場した作品として有名な本作だが、本作には設定段階から深く係わり、野上龍雄深作欣二らが作り上げた基本設定を独自に昇華させた演出により、名キャラクターを生み出すきっかけとなった。

また、中村主水が最期を迎えることで話題を呼んだ『必殺! 主水死す』でも監督を担当し、主水の生い立ちと最期を看取った監督として必殺ファンの間では知られている。

1997年に発表した『良寛(原作:瀬戸内寂聴)』では、「第9回東京国際映画祭・最優秀芸術貢献賞」を受賞した。

代表作

映画監督

  • 復讐の歌が聞える
  • 嫉妬
  • 黒の斜面
  • 影の爪
  • 必殺仕掛人 春雪仕掛針
  • 流れの譜 第一部動乱 第二部夜明け
  • メス
  • 童貞
  • 球形の荒野
  • 超高層ホテル殺人事件
  • 錆びた炎
  • 夜が崩れた
  • 海嶺
  • 必殺!
  • 必殺! 主水死す
  • 良寛

映画脚本

テレビドラマ