スマートフォン用の表示で見る

貞観格

社会

貞観格

じょうがんきゃく

日本の平安時代の貞観11年4月13日(869年5月27日)に奏進され、同年9月7日(同年10月15日)の宣旨によって施行された格(律令の追加修正法)のこと。全12巻であるが、最後の2巻は格に該当しない臨時の法令類を唐の「開元留司格」に倣って「臨時格」として末尾に掲げたものである。藤原良相清和天皇の勅を受けて編纂を開始し、その没後は藤原氏宗が中心となって編纂した。