スマートフォン用の表示で見る

貞観式

社会

貞観式

じょうがんしき

日本の平安時代初期に編纂された式。全20巻。清和天皇の命により編纂された。

既存の「弘仁式」を増訂・追補した諸規定・細則を集めて編纂し、「弘仁式」を廃止することなく、両方を併用する方式を採った。