スマートフォン用の表示で見る

堤清二

一般

堤清二

つつみせいじ

西武流通グループ代表、セゾングループ代表などを歴任した実業家。

辻井喬横瀬郁夫というペンネーム小説家詩人としても活躍。

1927年3月30日生まれ、東京都出身。東京大学経済学部卒。

略歴

衆議院議長であった父の秘書、西武百貨店社長、会長を経て現職。

西武グループ創業者である故・康次郎氏の次男で、西武百貨店を核に、西友パルコクレディセゾン、インター・コンチネンタル・ホテルズなどグループ総売上げ四兆円強を誇る一大セゾングループを築き上げた。しかし拡大・多角化路線は行き詰りをみせ、1991年、一線から退いた。かつてはパルコ、近年では東京銀座に劇場やホテルを開くなど、経営者としての革新性が評価されている。細川護煕氏の「行革研究会」のスポンサー的役割を果す。

2013年11月25日、肝不全により死去。