スマートフォン用の表示で見る

定遠

一般

定遠

ていえん

19世紀、大清帝国が所有した戦艦

日清戦争時の黄海会戦で、日本の連合艦隊に大きな損害を受け、後に自沈。

清国北洋艦隊の丁汝昌提督が乗り込む旗艦だった。