帝国財政革新会

社会

帝国財政革新会

ていこくざいせいかくしんかい

日本の明治中期に設立された政治団体税制を整理して減税を行い、地方や国民負担の軽減を主張していた。

1894年設立1896年の進歩党結成に合流するために解散した。