スマートフォン用の表示で見る

弟橘媛

一般

弟橘媛

おとたちばなひめ

日本の神話に登場する日本武尊の后。「古事記」では弟橘比売命と表記されている。

日本武尊とともに相模から上総に渡る時、海が荒れたので、海神の怒りを鎮めるために日本武尊の身代わりに海に身を投じたと伝える。