抵当権

社会

抵当権

ていとうけん

民法369条による定義

債務者または第三者が占有を移転しないで

債務の担保に供した不動産について、

他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利

------------------------------

つまり優先弁済権。

債権を確実に回収するための権利。不動産などに設定する。

抵当権の及ぶ範囲(例外あり)

  • 付加一体物に及ぶ(370条)
  • 従物にも及ぶ(たとえば家屋に設置されたエアコン)