保土ヶ谷宿 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

程ヶ谷宿

ほどがやしゅく

程ヶ谷宿保土ヶ谷宿)は、江戸時代東海道にあった宿場東海道五十三次)の第四宿で、起点である江戸から8里9丁、第三宿である川崎宿から1里9丁のところにあり、東海道では武蔵国最西端の宿場町である。

現在の神奈川県横浜市保土ヶ谷区に置かれたが、正式なエリアは芝生村追分(現在の横浜市営バス浅間町営業所付近)から境木立場(境木地蔵尊付近)までとされており、このため権太坂程ヶ谷宿に含めることが多い。

 >> 東海道五十三次 <<

日本橋〉…神奈川宿←「程ヶ谷宿」→戸塚宿…〈三条大橋