適材適所

一般

適材適所

てきざいてきしょ

その人の適正や能力を考慮し、ふさわしい人事を行うこと。


日本家屋や寺社を建設する際に、材木の性質によって使う場所をわけていたことが語源となっている。