哲学者の道

読書

哲学者の道

てつがくのみち

元祖はドイツ観念論の二大巨匠;カントヘーゲルが歩いたハイデルベルク。しかし後に日本でも西田幾多郎京都市左京区平安神宮京大の東側;若王子橋から銀閣寺橋までのおよそ2km、琵琶湖疎水沿いの道を思索しながら日々歩き、やがてここも「哲学の道」と呼ばれるようになった。