スマートフォン用の表示で見る

鉄道省

社会

鉄道省

てつどうしょう

[英] Ministry of Railways

鉄道省は、大正時代から昭和初期にかけて存在した日本の省庁の1つ。

1920年大正9年)5月15日、交通運輸施策の拡充を掲げる立憲政友会原敬内閣が、鉄道事業の権限強化・独立を目指し、「鉄道省官制」(勅令140号)に基づいて、「内閣鉄道院」から昇格する形で設置した。

長は鉄道大臣で、初代大臣は元田肇。中央に大臣官房と監督・運輸・建設・工務・工作・経理の6局、地方に鉄道管理局を改組した鉄道局と教習所、建設事務局鉄道病院が設置された。

1943年(昭和18年)11月1日、第二次世界大戦戦時体制に伴う官庁統廃合によって逓信省合併して運輸通信省となり廃止された。