典満

社会

典満

てんまん

典満(てんまん、生年不詳〜 没年不詳)猛将典韋の息子。

宛城の戦いで典韋を失った曹操は、彼の死を悼み遺児の典満を郎中として取り立て自らの屋敷で手厚く保護した。その後曹丕の代になると司馬まで昇進している。戦場での働きなどに関しては特に記述がない。