スマートフォン用の表示で見る

天下一将棋会

ゲーム

天下一将棋会

てんかいちしょうぎかい

コナミデジタルエンタテインメントKONAMI)のアーケードゲーム。2010年1月20日より稼働開始。

e-AMUSEMENT対応で、全国の棋士とオンラインで対局できるオンライン対戦将棋ゲーム。「麻雀格闘倶楽部」と同じ筐体を流用しており、「格闘倶楽部シリーズ」の第2弾とされる。e-AMUSEMENT PASSを使用すれば、段位や戦績などのプレイデータが保存され、全国のプレーヤーとランキングで競うことができる。

2011年2月9日より、続編の「日本将棋連盟公認 天下一将棋会2」が稼動開始。電子マネーPASELI」に対応。羽生善治渡辺明をはじめとした日本将棋連盟所属のプロ棋士女流棋士20名が登場する。


主な特徴

  • 囲いや王手や詰みに対し、派手なエフェクトが出る。
  • 「定跡サポート」「鬼神瞑想」機能により、棋力の足りないもの同士でも最後まで将棋を指すことができる。
  • CPUエンジンには、コンピューター将棋では有名な「Bonanza」が使われている。
  • CPU対局では、棋力上達を目的としたサポート機能が利用できる。

ルール

  • 持ち時間は5分。それを使い切ると一手10秒未満で指さなければならない。但し、考慮時間が30秒ずつ3回用意されている。
  • 千日手は引き分け。
  • 200手で勝負がつかない場合引き分け。

システム

段位・級位は天下一将棋会独自のものである。

  • カード登録時に「棋力判定」を行い、適切な級位からスタートする。
  • 段位になると、勝った相手は負けた相手から宝玉を奪う。宝玉を集めることで段位が上がっていく。
  • 段位の上には、極位・天位が存在し、その他成績が良い者に称号が与えられる。

備考

  • CPUに登録されている定跡どおりに指すと、「定跡」と表示され、「有効!」と音声が出る。
  • CPUが良い手だと認識すると、「輝手」と表示され、「技あり!」と音声が出て、輝石がたまる。輝石が一定数たまると宝玉になる。
  • CPUが有利な状況だと認識すると、「優勢」と表示され、BGMが速くなり、画面エフェクトが変わる。
  • 相手玉が詰む場合、または、自玉に王手がかからない状態で相手玉が必至となっている場合、「勝勢」と表示される。