スマートフォン用の表示で見る

天外魔境

ゲーム

天外魔境

てんがいまきょう

ハドソンから発売されたPCエンジンCDROM2対応のRPG

1989年6月30日発売。正式タイトルは『天外魔境 ZIRIA』

日本に似た架空の世界「ジパング」を舞台にした和風RPG。CDROM2初のRPGである。

広井王子のアイデアをハドソンが汲み上げているうちに、ファミコンではとても作れないと判断され、CDROM2での製作が決定した。広井王子にとって、初めて企画したゲームとなる。

ビジュアル、ストーリーなど、これまでの作品とは全く違う独特の雰囲気を醸し出した。また、音楽には坂本龍一が参加し話題となった。

後にシリーズ化が決定し、次作『天外魔境II 卍MARU』は空前の大ヒットを記録。その後は番外編である『天外魔境風雲カブキ伝』や、全く別の世界を描いた『天外魔境ZERO』『天外魔境第四の黙示録』などがリリースされる。

また、RPGのジャンルから飛び出し、『天外魔境真伝』『天外魔境電脳絡繰格闘伝』といった、当時人気のあった格闘ゲームのジャンルにまで飛び出した。

現在ではゲームボーイアドバンス用ソフト『オリエンタルブルー 青の天外』がシリーズ最新作である。

今後は携帯用コンテンツ『モバイル天外魔境』、そして新作『天外魔境III NAMIDA』が発売予定だ。

(追記)第四の黙示録PSP天外魔境IIDSPS2リメイクされました。1作目がDSで発売予定です。 

内容

悪霊・マサカドを復活させるため、海の向こうから渡来した邪神斎率いる「大門教」。

その大門教からジパングを救うため旅立つ自来也大蛇丸綱手の3人の活躍を描く。

大門教13人衆を倒し、将門の復活を防げるか?

スタッフ

キャスト

      • 他多数

関連商品

ソフト

ガイドブック

小説

OVA

シリーズタイトル