スマートフォン用の表示で見る

天外魔境III

ゲーム

天外魔境III

てんがいまきょうすりー

ハドソンから発売されたPS2専用RPG

最初はPCエンジンアーケードカード専用として企画され、後にPC-FX*1に改められた*2が結局PS2用として発売された。

2005年4月14日発売。価格は7,800円(税込)。限定版となる「デラックスパック」は14,801円(税込)。正式タイトルは「天外魔境III NAMIDA」。

もうひとつの日本、「ジパング」のはるか西、九州(つくす)地方を舞台にした和風RPG

これまでにない爽快感あふれる戦闘システムや、スキル習得システムが魅力。

ストーリー

ジパングのはるか西方九州

高千穂という村に、

火の一族と呼ばれる民が、

ひっそりと暮らしていた。

幼い頃、その村の浜辺に

流れ着いた少年、ナミダ。

ナミダを助けたのは、

高千穂村の少女、壱与。

二人は兄弟として育っていった。

そして数年後・・・

高千穂の祭りで、壱与が

神楽を舞うことになった。

それがジパングを揺るがす、

大いなる災いのはじまりであった。

(説明書より)

ASINページ

*1PC-FXの売り上げ不振のため。

*2天外魔境IIIのためにアーケードカードとPC-FXを買ってしまった人多数。