天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会

スポーツ

天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会

てんのうはいこうごうはいぜんにほ

日本バレーボール協会が主催するバレーボール全日本選手権

2007年に新設された。

公益財団法人日本バレーボール協会個人登録規程により有効に登録されたチームおよび選手で構成された中学生以上のチームすべてに参加資格が与えられ、ノックアウト方式トーナメントバレーボール日本一を争う。

男子優勝には天皇杯、女子優勝には皇后杯が贈られる。

優勝賞金は1000万円、準優勝賞金は400万円。

大会方式

4月-7月にかけて行われる「都道府県ラウンド」、9月-10月にかけて行われる「ブロックラウンド」、12月に2週にわたって行われる「ファイナルラウンド」の3ラウンドに分かれて行われる。

都道府県ラウンド

本大会にエントリーした公益財団法人日本バレーボール協会登録選手(中学生以上)で構成されたチームが、基本的にトーナメント方式で各都道府県の代表チーム1チームを決定。計47チームがブロックラウンドに進出する。

ブロックラウンド

(1)各都道府県ラウンドを勝ち抜いた男女各47チーム

(2)V・チャレンジリーグ所属チーム

(3)各ブロック開催のクラブ・実業団・大学・高校の大会優勝チーム

(4)各ブロック内の都道府県ラウンド免除チーム(各ブロック最大4チーム)

上記の9ブロック合計約200チームが、ブロックごとにトーナメント戦を行い、男女各16チームがファイナルラウンドに進出。

各ブロックのファイナルラウンド出場枠は、下記の通り。

  • 北海道ブロック:男1、女1
  • 東北ブロック:男1、女1
  • 関東ブロック:男4、女3
  • 北信越ブロック:男1、女2
  • 東海ブロック:男2、女2
  • 近畿ブロック:男3、女2
  • 中国ブロック:男1、女1
  • 四国ブロック:男1、女1
  • 九州ブロック:男2、女3

ファイナルラウンド

ブロックラウンドを勝ち抜いた男女各16チームとV・プレミアリーグ男女各8チームが、トーナメント方式で優勝を争う。ファイナルラウンド第1週は1回戦、2回戦、準々決勝が行われる。男女各4チームがファイナルラウンド第2週に行われる準決勝に進出。なお、1回戦はブロックラウンドを勝ち抜いたチーム同士が対戦し、V・プレミアリーグ男女各8チームは2回戦から参戦する。