スマートフォン用の表示で見る

天皇杯全日本サッカー選手権大会

スポーツ

天皇杯全日本サッカー選手権大会

てんのうはいぜんにほんさっかーせんしゅけんたいかい

日本サッカーカップ戦

主催は公益財団法人日本サッカー協会公益社団法人日本プロサッカーリーグ。共催は日本放送協会NHK)、共同通信社

プロ、アマを問わず、第1種・第2種加盟する全てのチームに出場資格が与えられる、ノックアウト方式のオープントーナメント。例年9月から1回戦が始まり、決勝戦は翌年1月1日に国立霞ヶ丘陸上競技場で行われる。なお2014年国立競技場改修と日程上の都合により12月13日に日産スタジアムで開催された。2015年味の素スタジアムで、2016年吹田市サッカースタジアムでそれぞれ元日開催。

JリーグJ1リーグ)、Jリーグカップと並び日本3大タイトルとされる。

第31回(1951年度)より優勝チームに天皇杯が贈られ、天皇杯全日本サッカー選手権大会となった。現在では優勝チームに天皇杯と共にNHK杯共同通信社杯FAシルバーカップなどが授与される。

優勝チームには翌シーズンのFUJI XEROX SUPER CUPAFCチャンピオンズリーグの出場権が与えられる。

出場チーム(第94回)

出場チームは以下の88チーム。