スマートフォン用の表示で見る

天使

一般

天使

てんし

主にキリスト教ユダヤ教イスラム教ゾロアスター教などにおける神の使い、天の使いとされる存在の総称。Angel。

概略

天使には清らか・優しさ・慈愛・無垢・聖性・潔癖・純白など、善性を象徴するものとしての意味が与えられている事が多い。*1

天使の階級

カソリック教会では天使の階級分類研究が盛んに行われた。最も一般に流布した学説*2では、天使には九つの種類があり、3つの階級に分けられる。

一般に天使として知られているのは、第三階級の大天使と天使である。

より高い階級になると、翼が六枚あったり、頭が四つあったり、数多くの目があったり、巨大な車輪のような姿をしていたりするという。*3

カバラと天使

生命の樹にそれぞれの天使を配属させると、以下のようになる。

大天使ベリアー


天使団(イェツィラー)の配属は以下の通り。

  • ケテル:カイオト・デ・カデシュ
  • クマー:オファニム
  • ビナー:アラリム
  • ヘセド:カシュマリ
  • ゲヴラー:セラフィム
  • ティファレト:マラキム
  • ネツァク:タルシシムorエロヒム
  • ホド:ベニ・エロヒム
  • イェソド:イシムorケルビム
  • マルクト:ケルビムorアシム

ゾロアスター教の天使(アムシャ・スプンタ)

アフラ・マズダ直属の6天使が有名。アーリマン(アンラ・マンユ)直属の6悪魔と対になり、美徳を体現している。

  • ウォフ・マナフ(Vohu-Manah/善思)別名バフマン/Vahman ⇔ アカ・マナフ(悪思)
  • アシャ(・ワヒシュタ)(Asha Vahishta/正義)別名アルダワヒシュト/Ardavahisht ⇔ ドゥルジ(Durj/虚偽)インドラのこと、らしい。女性。
  • クシャスラ(Khshathra/王国)別名シャフレヴェル/Shahrevar ⇔ サルワ(Saurva/無秩序)
  • アールマティ(Armaiti/信仰)別名スパンダルマト/Spendarmad ⇔ タローマティー(Taromaiti/背教)かつてのナーサティア双神らしい。
  • ハルタワート(Haurvatat/完全)別名ホルダート/Hordad ⇔ ザリチェ(Zarich/乾き)女性らしい。
  • アムルタート(Ameretat/不死)別名アムルダート/Amurdad ⇔ タルウィ(Tarwi/灼熱)

※アールマティ・ハルタワート・アムルタートは女性。

アムシャ・スプンタの下にはヤザタ(一般の天使)、フラワシ(守護天使)がいる。ヤザタは地方神がゾロアスター教に吸収されたもの。有名所ではスラオシャ、水の女神・アナーヒターがいる。

ゾロアスター教の悪魔は、ヒンドゥー教におけるディーヴァ神族。


関連語:二文字キーワード

*1:実際には殺戮天使カマエルの様な神性も存在する。サタンも元々は天使であった。

*2:偽ディオニュシオスの『天上位階論』なる著作によって体系化されたもの。

*3預言者エゼキエルが見た天使は四つの顔と四つの翼、四つの車輪で移動する炎に包まれていたという。ヘブライ語の車輪は「ガルガル」、つまり座天使 Ofanimであったと推測される。この記述から天使=UFO説が説かれるようになった。

目次
  • 天使とは
  • 概略
    • 天使の階級
    • カバラと天使
    • ゾロアスター教の天使(アムシャ・スプンタ)