天書

読書

天書

てんしょ

日本の奈良時代末期に書かれた編年体歴史書。全10巻。藤原浜成の撰とされる歴史書である。三種あるが、一部は古史古伝に分類されることもある。