スマートフォン用の表示で見る

天孫降臨

読書

天孫降臨

てんそんこうりん

もともとは、日本神話で、瓊瓊杵尊が高皇産霊尊・天照大神の命により、高天原から九州高千穂に降りた(天下りした)こと。

転じて、天界から人界に誰かやってくる他のケースにも用いられる。