天池京二

社会

天池京二

あまいけきょうじ

天池京二は、元国鉄職員駅長)。元陸軍軍曹火砲隊長)。農業者(専業?兼業農家畜産・農耕?)。工業自営業)補佐?。農業委員?株主(後藤孵卵場?)。

概要

加治田村?出身。高等学校卒業後、国鉄職員となる。太平洋戦争では、志願?し陸軍学校?で学び、東南アジア方面へ出兵、大砲隊長として活躍。

その後、兄が病死した為本国に戻り、恋人と別れて後家として家を継ぐ(天池むめ?)。本土決戦(決号作戦?)の為、房総半島の守備隊長として任に就く。その後、終戦となる(弟(天池太郎?)は海軍(沖縄特高?戦艦大和部隊)で戦死)。

終戦後、食糧事情を考え、農業者となり、地域に貢献する。農業委員や、地区役員歴任する。

子の天池正治?が工業創業天池化学)したのを補佐?した。その後、農業の働きが認められ県知事賞?を受賞した。

受賞

岐阜県知事賞?

逸話

朝は必ず明朝よりラジオ体操を行い、仏壇でお経を?唱え亡くなるまで続けた。

地域を愛し、地産池消?を重要視し、農業に対してとても厳しく教育して地域と地区をまとめた(行事を重要視し、祭りや氏子檀家等には必ず参加し、取り締まった)。

国(内閣総理大臣)から第二次世界大戦参加の慰労?賞状を亡くなるまで飾っていた。

家名と、家族(兄弟姉妹)を守り、現代に繋がっている(天池京太?の一字は、京二の字を用いる)。又、農業の意志は天池治彦に受継がれる。