天之常立神

一般

天之常立神

あめのとこたちのかみ

日本神話に登場する神。「古事記」では天地開闢の際に別天津神の五柱の最後に現れた神である。天(高天原)そのものを神格化し、天の恒常性を表した神で国之常立神の対になる神として創造された神と考えられている。